FC2ブログ

けもフレ展(吉崎観音コンセプトデザイン展ヒロシマ)と宮島へ

先週は安芸の宮島に行ったことなかった嫁に
付き合って、広島へ。
新幹線で朝付いてから、60分くらい広電に揺られて
宮島へ
i2566565age.jpg

おお~前回と違って、
対岸からでも大鳥居が見える~

i256323595age.jpg

ちょうど、干潮時で、鳥居に近づけるけど
境内は水がないと、微妙に厳島神社っぽさが…

平日だったので、お客さんはそこまで多くはなく
嫁が集めてる御朱印も2人待ちくらいですぐ貰えまして
良かったです。
ちなみに観光客は、日本人3割。外国人7割。
外国人は、アジア系半分白人系半分て感じ…

日本人いね~なほんとに(苦笑)

弥山(みせん)のロープウェイも、前回よりクリアに景色
観れて綺麗でした。
i25665865ge.jpg

ちなみに弥山はパワースポットとして有名らしいのですが
この案内図の通り
i25965age.jpg

ロープウェイ降りてから更に、往復一時間半も歩き回る必要があり
根性ないおいらは今回もパス…
ほんと、偉いよ、ここから更に歩く人って…

午後は、美術館行って~お待ちかねの

広島パルコで開催してた
「けものフレンズ 吉崎観音コンセプトデザイン展」
へ。
ネットでは初日、声優さんもきて200人とか並んだらしいので

もう開催終わりかけの平日でも実は結構多いのかな…
と、並ぶの嫌だな~と
思いつつ、夕方18時頃行ったんですが…

あった~
IMG_8565_173628.jpg

てあれ?? 人がいない…

受付で600円支払うと、入場券は3種類が選べ、
更に、先着に付き…て書いてあった
「パルコアライサン」

18時でも貰えるw

で、中入るとパネル展示と、アニメ用スケッチとかの
展示なんですが、まあ狭い…

パネルとかはびっしりと吉崎観音がデザインしたフレンドが
見れるので、ゆっくり見てたら結構時間はかかりますが、
まあ、これ…公式の

けもフレ図鑑


で見れば良いんだよね…

原稿など撮影禁止ゾーンのは、一応ファンとして
おお~となんか嬉しいですが、
そもそも展示ちょこっとなので、
ファンじゃなかったら、5分で素通りできてしまう
内容…
てか、この狭さだと200人が並んだ
最初てどんな状態だったのか謎です。

で、一番最後にグッズコーナー

あ、ちなみに、この時間帯のお客さんは

おいらと嫁と、学生さん風の方1人。

計3人。

グッズの方のレジのお姉さん3人なので、受付の方も
併せると、やべぇ…客より多いよ…

2期の騒動の後なので、これなのか、
そもそも、そんなに客来ないイベントなのか
謎ですが、なかなかの
人いないスポットです平日だと…
i25645856age.jpg

まあ、600円はクソ高い気がしますが、平日は確実に
缶バッジ貰えるのを思うと。
まあ、缶バッジ代と思えばこんなもんかと。

i2568689g.jpg
尾道ラーメン食べて帰宅~

しかし二期どうなるんでしょうね…
  1. 2017/10/11(水) 20:25:13|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンゴルモア 元寇合戦記がアニメ化決まったので防塁に…

好きな漫画「アンゴルモア」が来年のアニメ化決定。
読むと、中国と韓国付近がかなり大嫌いになる(まあ…過去の事は
水に流さないと解っててるけど史実だからね…)
作品ですが、元はもうないし、韓国人も元に征服されて
命令で手先になってたからね~まあ仕方ないと言えば仕方ないかと。



個人的には、


輝日姫(てるひひめ)様が、
気高く美しく、、ときどき誤解から主人公を
蔑んだ時の表情がたまらなく素晴らしいので

アニメでも良い表情に期待です。
PVの感じだとかなり良いアニメになりそうでもう楽しみ。

実は、ここ2年くらい、元寇の舞台になった場所を巡りをしてまして

まずは、決戦地の地

鷹島の紹介 その1

更に鷹島の鷹島歴史民俗資料館の紹介



この前は、元が陣を張った福岡の拠点

祖原の激戦地の紹介




そして、今回は、福岡と言えば、元の上陸を防ぐ為に
作った「防塁」の紹介です~
i256856mage.jpg

今回は、結構いい感じに防塁が残っている今津へ
i256458856mage.jpg
天気も良く、同じ景色を警護してた人は見てたんでしょうな~
i256458446mage.jpg

防塁は、今は埋まってしまい、一部の防塁の付近は写真のように
掘り起こされて、当時の状態で見ることができます。
大人の身長くらいの高さで、大小の石を積んで作られてします。
i256888856mage.jpg
なんか、博多湾全部にぐぁぁぁ~と取り囲む長さなので
ほとんどのところは、今は壊されたか、写真のように
埋まった状態になってます。
てか、石を触ると、700年近く前の人が頑張って
積んだ石なのか~と不思議な気持ちに。



一番ビビったのは、ぶっちゃけ

マイナー歴史スポット過ぎて

客はおいらと嫁以外、ついに2時間誰も来なかったんですが

誰もいない、松林の防塁の横に
i2564595age.jpg

40インチくらいのモニターまでついた元寇の紹介
コーナーがw


…よく、こんな人っ子ひとりいないところで、
モニターとか壊されたり盗られたりしね~な…

と、元寇の国難を超えて平和になった日本に生まれて
良かったとシミジミ思いました。






  1. 2017/10/06(金) 17:10:07|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

けもフレの影響でつい長崎バイオパークに行ってきた

夏休みの再放送で夫婦揃って毎日みた結果
福岡動物園よりもより触ったり距離感近すぎる
長崎バイオパークに行ってきました。

バイオパークの説明はホームページあるのでどうぞ

入園料1700円を払い園内へ
c955152.jpg

ほんとだ近い
c955158666.jpg

園内には、100円で餌が各所で売っていて
上げ放題ですw

c955158667.jpg
けものフレンズにも出てたプレーリードッグさんも
c955158668.jpg
かわええ…

c955158672.jpg

アルパカは容赦なく唾を吐きかけてきます。

c955158673.jpg
カピバラの池では触り放題ですが
奴らは、餌への執念がなかなかで
ガンガンきますので、子供とか泣くかもw

ただ、人間にはなれまくりで
常にリラックス。
お腹と首の下がツボのようです。
c955158674.jpg
ミーアキャットの餌は
c955158675.jpg

c955158676.jpg

虫ですw

アライグマさんは、大挙して押し寄せ
餌のねだり方がハンパないです。
c955158677.jpg

ただ、人が餌あげる場所にいない時は
こんな感じでだらっと…
営業と普段生活の使い分けがすげぇ…
c955158678.jpg
営業モード

後半はほんと、さわり放題で写真撮ってる場合じゃなかったんですが

コモンリスザル
は、横の外人さんはインスタ映えを目指した結果
なんか8匹くらい体中に載せた状態で写真撮ってましたw

可愛いサルとはいえ、背中乗ってくるとビビります(苦笑)
カンガルーも
kangaroos_squirelmonkeys_01.jpg
↑このバイオパークの画像は大げさではなく、ほんとに
向かい合って対面可能(多分餌に釣られてw)

カンガルーでけぇので、面と向かうと怖いので
触る程度にしときましたが…

て、事で、死ぬほど触合える動物園です。

バイオパーク。今度は少し寒くなってからまた
行きたいと思います~いやほんと暑かったですし…
  1. 2017/09/08(金) 16:00:15|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

元寇の激戦地跡

通り道にある、祖原公園に

ここは、蒙古襲来の時、
元軍が本陣を置いた場所
c9553101.jpg

木々の間を抜けると
丘の上に出て

c9553102.jpg

元寇麁原戦跡

の記念品が。
c9553103.jpg

福岡は全体的に、平野部が多いんですが、ここは丁度
小高い丘になってたので、本陣を置いたと思われます。

今はビルなどで見えませんが
c9553104.jpg

福岡タワーや、ヤフオクドームの方
を見ると、福岡湾が広がっています。



この海に
モンゴル・高麗軍
軍船 726〜900艘

が、どど~んと現わせた日には
ほんと、この世の終わりだったでしょう…

博多の町も蹂躙され、ついでに敗れた元軍も
役3万の遠征軍の内、不帰還者 13,500余人
と壮絶な死者を出したこの戦い。

日本征服を夢見て、この場所を本陣にして
博多の町を眺めたんでしょうが、

今は、芭蕉の句にある。
「夏草や 兵どもが 夢の跡」

て感じの、静かな公園になってます。


近くの100円パーキングから
歩いて8分くらいでした…
  1. 2017/08/20(日) 17:25:00|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うぉ、ブログ放置すると広告が上に…

一か月放置したら広告が上にくるので
意味なく福岡の観光地~
地元民なのに、わざわざ古い画像整理したら
結構あった。
wide265.jpg
福岡タワ~

そして赤煉瓦文化館
wide266.jpg

地元民でもつい写真撮ってしまうくらい
綺麗なスポットです…
  1. 2017/04/16(日) 15:59:05|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ